園長挨拶  園長 佐々木 淳

「全てはこどもたちのために!」

 

江東区立川南幼稚園長 佐々木 淳

 

  「予測困難な時代」の到来、まさに予想だにしなかった令和2年度の幕開けとなりました。

 本年度に入り、進級して年長にじの組となる19名のこどもたちと保護者の方々、年中(本年度から「年中」となります。)はなの組となる9名のこどもたちと保護者の方々が心待ちにしていた入園式や始業式は急遽、中止となりました。その後も緊急事態宣言が延長され、5月末日までの臨時休業が決まりました。大切な入園式や始業式で、こどもたちの成長を互いにお祝いする機会を失った保護者の皆様のお気持ちは、察するに余りあります。

 こどもたちにとって、何よりも大切なものは命と健康であることは言うまでもありません。各ご家庭には、これからもしばらくの間、大変なご苦労をおかけすることになることと存じます。どのような状況にあっても、川南幼稚園は、こどもたち、保護者・地域・関係各位の皆様と共にあります。こどもたちの健康・安全を守るために、今こそ共に手を携え、困難を乗り越えてまいりましょう。そして、この感染症の猛威が過ぎ去ってから、4歳児(年中 はなの組)、5歳児(年長 にじの組)のこどもたちと一緒に、改めて本年度をスタートします。こどもたち みんなとの出会いを心待ちにしています!

 幼稚園では、様々な活動を通して、「楽しい!」「やってみたい!」「知りたい!」「まねしたい!」「できるようになりたい!」などの意欲が生まれるよう、環境を整えています。本年度は、さらに感染防止のための新たな観点を盛り込んだ環境整備に力を尽くします。

 こどもは、人との関わりの中で成長します。夢中になって遊ぶなかで、人と関わることの大切さや楽しさを実感できるようになります。安心して力を発揮できる環境で、様々なことにチャレンジし、様々なことを体得します。教師や保護者の皆様が、様々なことに前向きにチャレンジする姿に、こどもたちは勇気をもって物事に挑戦することの尊さを学ぶことができます。ご家庭でも、お子様の小さなチャレンジを励ましていただき、共に成長を支えてまいりましょう。

 開園50周年(平成30年度)のキャッチフレーズ「みんなが つながる せんなんようちえん」を大切にし、保護者・地域の皆様方のお力添えを賜りながら、新しいよき時代の担い手としての川南幼稚園のこども一人一人の成長に向け、皆様と共に手を携えてまいります。

 

 こどもたちからは「幼稚園に行くのが楽しみ!」「川南幼稚園に通ってよかった!」、保護者の方々からは「川南幼稚園に通わせてよかった!」と言っていただける教育活動が展開できるよう、「全てはこどもたちのために!」精一杯努力してまいります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

 

更新日:2020年05月11日 08:34:50